ロボットピッキングシステム

弊社と長年お取引のある企業様※1にて展示会にて使用された
ハード環境を使い、ロボットピッキングシステムの
画像認識部とロボットインターフェース部の
ソフトウエアを開発しました。
 
各種傾きによりワークの動作特性を検査します。

※1 株式会社マルエム商会 様(websiteへ飛びます)


 (特長)
・ロボットピッキングを安価に実現するために、
   ソフトウエアを開発しました。

   安価なカメラと安価なPCを使用し画像認識をし、
   ワークの中心座標(X,Y,Z)を抽出します。

(※条件あり。下記の画像認識機能の表参照)
・ピッキングをする対象ワークを、
 簡単に登録できるGUIを備えています。

system_config.jpg

構成図

image_recog_func.jpg

〈動作の流れ〉
1.準備
ピックアップしたいワークの画像を取得し対象ワークによりパターン認識かシルエット認識かの設定を実施。

2.比較
画像認識ソフトを起動させ登録した画像と比較を行い、表面のパターン認識/シルエット認識したワークの
中心座標(X、Y)とワークの高さ(Z)を算出。

3.ピックアップ
求めた値をロボットに伝えピックアップを実施。​次のワークのピックアップへ。




(構成図)

system_all.jpg